Hokkaido Train Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS No.379 ブルトレ渡道

<<   作成日時 : 2014/01/05 00:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

もう先月頭の話になりますが、茨城県はいわきから江差線ツアーのためのリバイバル“ゆうづる”が運転されましたね。
日本海の函館乗り入れが取り止めとなった以来?の青森ブルトレ車の入線、また最近ではすっかり機会の減ってしまった客車使用の団臨ということで、話を耳にしたときから出向く計画を立てていました。

そんな訳で半ば弾丸で北見から函館へ。
予てより知人の方々と連絡を取らせて頂き、往路は5人で釜谷駅にて撮影をすることに。
木古内で結構な停車時間もあったのですが、多くの人出が予想されたので1本に絞り込んで撮影です。

ところが時間になっても先行の列車がなかなかやって来ません。調べると対向の上り貨物で防護無線の誤発砲があったとのこと。
このゆうづる通過の時間帯は特急や貨物などがひっきりなしに通過・交換を行うので、場合によってはこの釜谷駅だと上り貨物列車が先着なんかしてしまったらまったく撮れなくなる・・・なんて最悪のシナリオもあり得ました。

祈るように待っていると遠くの踏切が鳴りだしやって来たゆうづる。
しかもその足取りはゆっくり、釜谷通過の予定がまさかの停車でした。

赤いED79機関車に取り付けられた赤いゆうづるのヘッドマーク、そして道内では見られない折り戸・白帯のブルトレ車両を感激(笑)しながら観察。
その後上りの貨物と交換の後、ゆっくりと発車。追っかけはせずに特急や普通列車などの撮影で終えました。

翌日も撮影しましたが、直前まで晴れ間も見えましたが結局曇って微妙な出来に。
それでも滅多に見られないその姿、また次の機会はもう無いかも知れないこの貴重なスタイルの列車を見ることが出来たのは大変良かったです。


それでは今日は釜谷をゆっくりと発車していくゆうづるです。
当日、お会いしました方々、大変お世話になりました。ありがとうございました。


リバイバルゆうづる(9105レ) 江差線 釜谷―渡島当別間にて


画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
明けましておめでとうございます
今年も宜しくお願いします

ゆうづる号の撮影お疲れさまでした
一時はどうなることかと思っていましたが、無事に撮影できて良かったです
昨年は毎月のように函館に行っていたような気がします(笑)
今年もどこかでお会いできるといいですね
トレインフォト789
URL
2014/01/05 20:07
★トレインフォト789さま

明けましておめでとうございます♪

先月はゆうづるの撮影お疲れさまでした。
様々なリスクが高い駅だけに、遅れの情報を耳にしたときは正直落ち着いていられませんでした(笑)
それでも運良く最悪の状況は回避できた上、停車まであったので撮影する分には事なきを得ました。予定より大幅に遅れていたので素直には喜べないことではありますが・・・

昨年は同じく道南にはかなり通いました(笑)
北見からでは相当遠い地域ですが、色々とイベントも豊富でいても立ってもいられず・・・
今年もどこかでお会いしご一緒出来ることと思います。どうぞ宜しくお願い致します。
特急北斗
2014/01/08 15:42
こんばんは。
ご無沙汰いたしております!!

今年もあちこち行かれるのでしょうか?
お土産話を期待しておりますよ!(笑)

ここにコメントするのはいつぶりでしょうかね。思い出せないくらい前なのでしょうが、わたくしも更新の方再開しました。
よろしければお願いいたしますね!(^^)/
島松のJ
2014/01/31 20:18
★島松のJさま

こんにちは、コメントありがとうございます♪

こちらではご無沙汰していますね。すっかり貴ブログも動きを見せずにこれからも放置状態が続くのかと思いましたよ(笑)
更新を再開されたようで、これからまた期待しています。気長な更新で良いと思いますので、お互い頑張りましょう。

今年からは立場もまた変わり、思うようには出掛けられないことと思いますが、息抜き程度にふらっとどこかへ出掛けることもあるかと思います(笑)
また地元の方へ戻る形となりますので、たまに談笑でもして楽しみましょう!
特急北斗
2014/02/07 12:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
画像
No.379 ブルトレ渡道 Hokkaido Train Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる